DIY初心者は要注意!壁(石膏ボード)のビス打ち方法

ペーパーホルダーがとれましたー(T_T)
原因は・・・・
うちのコビト。どうしても、このバードちゃんに手をかけてしまう。
おむつを替える時など、手をかけるところがここしかなくて。
それでこの有様。
image

でも、もう一つ、おおきな原因が・・・

壁紙の下地が石膏ボードの部分にはビスは効かない

image

石膏ボードという白い粉が出るボードしかない所にビスを打つと、
最初は効いてるような感じがしますが、あとから必ず緩んできます。
ビス打ちの基本は下地があることろ!

なんでこんなところに取り付けたのよ~もぅ~~
すぐに電話して取り付けなおしに来て貰いました!

下地があるっていうのは、柱や合板ベニヤがはいっているということ

木造住宅やマンションの間仕切り壁はほとんどが石膏ボードで作られています。
なので、壁にビスや釘をうちたいのなら、柱のあるところにしてくださいね。
石膏ボードも、この柱にビス打ちで止まっているのです。

柱がある場所の目安は

まず、図面がある場合はそれで確認しましょー
問題は図面がない場合や、図面通りの間取りでない場合。

柱は、木造の在来工法なら、部屋の隅の柱の中心から 91cm(または1m)間隔のどこかに設置されている可能性が高いです。
(45㎝間隔の場合も。)
柱の大きさ(幅)は10、5㎝がほとんど。 在来工法とは、大工さんが現場でトンカチやってるあの工法です。

例えば、部屋の隅から数えて、柱があるであろう場所は、
91㎝、136㎝、182㎝、227㎝、273㎝、318㎝、364㎝、の場所にある可能性が高いです。

要するに、だいたい45cm間隔のどこかにある!(木造尺モジュール)

ただし!測り方は、必ず柱の中心からなので、部屋の隅から測る場合は、6.5㎝くらい引いて測ってね
↓↓↓ こんな感じです
image

柱が必ずある場所は

部屋の隅には必ずあります。
壁と壁がT字になってる部分にも柱があります。
部屋の隅にビス打ちするならナナメにね
↓↓↓
image

あと、窓や扉のすぐ横は必ず柱がありますよ!
ただし、その場合は10、5㎝ではなく4、5㎝の場合も。
image

音でどこに柱があるか確かめる

リフォーム業者とかがよくやる判断方法のひとつなのですが、
壁をコンコンとノックしていくというのがあります。すると、音が違う部分があります。
そこには柱がはいっています。

わからないときは、下地探しの針がホームセンターに売ってますよー


下地がどこに入っているかどうしてもわからない人はこれを使うと便利。

 

石膏ボード用アンカーボルトを先に打つ

どうしても、石膏ボードのみの壁にビス打ちしたいなら、アンカーを入れてからその上にビス打ってくださいね~


どこのホームセンターでも売っています。

ドライバーで素人でも簡単に ネジネジ できますよ!

失敗すると大きな穴が!穴は消えないので、DIY初心者の方は気をつけてくださいね~~
あとは、空中アンカーとか、石膏ボード用のピンなどなどありますが、私はこのアンカーボルトが一番簡単だと思います。

使用するビスの長さは

取り付ける物の重さにもよりますが、1㎝以下のビスはやめてね。
石膏ボードが、だいたい9㎜か12㎜なので、せっかく柱を捜し当てても、1㎝のビスでは手前の石膏ボードまでしかいかず、柱まで届きません。
壁に埋め込まれる長さが2、5㎝くらいは必須かと。

でも、壁材が石膏ボードじゃなくて、ベニヤなどの場合は、軽いものなら1㎝のビスでも十分ですよ。

あとは重い物を取り付ける場合は、もっと長いものにしましょう!
ビスの長さは、むつかしいのでホームセンターの人に聞きましょー!

今回の記事は、主に木造在来工法の場合で書きました!
ツーバイフォーや鉄骨になると、また少し話がかわってきます~

参加しました!
へーと思ったら、ポチっとしてくれたら嬉しいです!

人気ブログランキングへ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください