バリスタで紅茶も飲みたい。もう湯沸しポットは必要ない??お湯だけ出す方法!





たまには紅茶も飲みたいの。
バリスタでお湯だけ出ないかなぁ

と思いまして。
バリスタを友人に頂いてからというもの、コーヒーばかり飲んでいて、
たまには紅茶でも飲もうかしらと思った時、電気ポットでお湯を沸かすのがすごく面倒だな、と感じたのです。
前は、やかんで沸かしてもなんとも思ってなかったのに、便利には慣れるものなのねぇ~

そこで、バリスタの説明書にも書いてあるんだけど、 意外と知らない人が多い&説明書引っ張り出さなくても良いように覚書きです!

うちのはホワイト。

カップ温めモードでお湯だけ出せる

説明書には、

冬期など、外気温が低かったり、カップが冷たいときは以下の方法で、
できあがりの温度を高く保つことができます。
・ミルク系のメニューの場合は電子レンジなどでミルクを温めます。
・ブラック系のメニューの場合は「カップ温めモード」を利用して、
 お湯でカップを温めます。

とあります。これだ!!数分で沸かせる電気ポットより、早いし簡単!!

手順は以下のとおり

【40mlだけ出す方法】
1 カップをドリップトレイにセットします。
2 カフェラテボタンカプチーノボタンを“同時に”短く押します。
image 
 カフェラテボタンカプチーノボタン緑点滅すると
高圧ジェットノズルからお湯が出ます。(約40ml)
image 
★40mlってこのくらい。緑点滅したらすぐ出てくるのでちょっとビックリする★

【好きな量を出す方法】
1 カップをドリップトレイにセットします。
2 カフェラテボタンカプチーノボタンを“同時に”長押しします。
image 
( 電源ボタンがオレンジ点灯します)
 カフェラテボタン カプチーノボタン緑点滅すると
 高圧ジェットノズルからお湯が出ます。
3 お好みのお湯の量になったら カフェラテボタンカプチーノボタンを押してお湯を止めます。
image 
★お湯を止めなかったらこのくらいの量で自動でとまりました★

・次回からは、上記の「カップ温めモード」を使用すると、設定した量のお湯が出ます。

↑↑↑ 最後の一文、さらりと書いてあるけど、これ!!すごく便利じゃない?? 
お湯は、ビーッ と勢い良くでるので、やけどに気をつけてね。 

 

因みに、 コーヒーの濃さ・薄さも設定できる

カプチーノはできませんが、ブラックならできます。

1 カップセットし電源をいれます
2 湯量調整をしたいメニューボタンを2秒以上長押しします
3 電源ボタンがオレンジ点灯し、選んだメニューボタンが緑点灯します。
4 コーヒーが注がれ始めます
5 メニューボタンが緑点滅になったら、湯量調整ができます
6 お好みの湯量の少し手前でメニューボタンを押します
  (押してから約20mlお湯が出ます)

お湯は選んだメニューボタンのカップ量よりたくさんは出ないので、6 でお湯を止めなくても、最大量で自動的に止まります。
でもあまり小さいコップは使わないでね。

コーヒーが注がれているときに電源ボタンを押してしまうと、コーヒーが本体内部に残って故障の原因になるので、再度ボタンを押してだしきってください。

一度設定すると、次回からも引き継がれます!
リセットしたい場合はこちらの手順で。

<湯量の設定リセット方法>

1 電源が「切」の状態であることを確認します。
2 電源プラグをコンセントに差し込みます。
3 カプチーノボタン電源ボタンを同時に長押しします。
4 すべてのメニューボタンが緑の速い点滅になったらボタンから指を離します。
5 電源ボタン赤点灯し、緑点灯になるとリセット完了です。
  (すべてのメニューの湯量設定が初期設定の状態に戻ります

コーヒーの湯量設定(濃さ・薄さ)がリセットされます!!   

問題は飛び散り

image
飛び散ったお湯がすごいことに。
小さめのカップで入れる場合は台座を一段あげましょー
image →→image

一段あげなくても、深めのマグカップで入れればあまり飛び散りませんでした~
 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください