壁紙と照明、スクリーンをコラボした主寝室と高さを変えた押入れの完成!

私がコーディネートした
アクセントクロス(一部だけ壁紙の色を変えること)と照明、スクリーンの主寝室ができあがりました~♪

まずは完成図!照明の位置もこだわっています

主寝室は寝るだけで、それ以外は使わないので、夜の雰囲気を重視して造りました。

壁紙の一部だけ色を変えたのもポイント

なんだか、少し豪華に見えませんか?
あれ?自己満かね?見えるよね??大丈夫よね?

壁の真ん中にあるのが照明。

主寝室コーディネート

全体の壁紙は白で、一面だけ濃い茶色です。クロスは全体的に和紙のような雰囲気です!

照明パチリ。

主寝室コーディネート2
照明をつけると、スクリーンと色がコーディネートされてるのがわかります。
消してるときは照明があまり目立たないようなお色にしました。

この壁掛け照明のほかには、ダウンライトが3つのみ。

布団で寝たときに足元に光がくるようになってます。
寝る前にうちのコビト2歳に絵本を読むので、まぶしくなくて目がさえないけど字は読めるという明るさを目指しました。
4.5畳の狭い寝室なので、十分の明るさで、落ち着くし大正解でした。

壁紙を一部変える場合の料金は

壁の一部だけカラーを変えるのはだいたいどこのメーカーさんでも別料金が発生するみたいです。
うちのハウスメーカーの場合は別料金は発生しなかったので、家の中で、2箇所、アクセントクロスを作りました。(もうひとつはリビングのTVボードの裏)

でも、料金のわりに豪華に見えるので
安くオシャレにおうちを建てるのに最適な工夫の1つと言えます。オススメです!
別料金がとても高額な場合は、

壁紙をDIY!
専用塗料で一部をアクセントに!

建売のような企画住宅の場合は別料金が高くなる場合もあります。
そんな場合は、以前にも紹介した、壁紙に直接ぬれる塗装を自分でやるのもいいかも!
貼ってはがせる付箋のような壁紙もありますよ~


布団派でなくても
押入れの中棚の位置は低めにするのがオススメ!

wpid-1400221922745.jpg
こちらはまだ完成してない頃のですが、押入れです。

押入れの中段は、普通の位置より低めにしてあります。

そうすることにより、布団の出し入れが超スムーズ!

布団派でない人でも、冬の掛け布団や座布団などの収納は、やはり中棚が低めのほうが使いやすいです。腰が痛くならないんですよね。
そして、一番使いやすい真ん中が一番大きな空間になっているので、使いやすいんです。

こちらは料金的には変わらずできるはずですが、ハウスメーカーや工務店によっては、別料金になります。
確認してくださいね~

オススメですよ~

参加してみました
『ほほ~』と思ったらポチっとな お願いします~


人気ブログランキング インテリア・雑貨へ


人気ブログランキングへ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください