新しい分譲地、土地区画整理とは

土地区画整理とは

土地所有者(地権者)が少しずつ土地(従前地)を無償で提供(減歩)し
その土地を道路や公園など地区内に必要な公共用地に充て、キレイに区画整理していきます。
キレイに区画された土地は地権者に割当てたり、うまく割当てられない時は精算したりします。
そのほか、土地の一部を事業主に売却(保留地とする)して事業費に充当したりします。

保留地=施行者など事業主体者が取得する土地のことで、売却して事業の資金にする土地のこと

簡単に言うとこんな感じ

いびつな土地や道路のない田んぼなどを所有している地域の人たちが集まり、組合を作ります。
(不動産・建設会社などが事業主となる)
その土地を区画整理し、キレイな街並みにします。
もともと持っていた土地の広さなどに応じて、区画整理してキレイになった土地を分配します。(換地)
組合の費用は区画してきれいになった土地(保留地)を売却して得たりします。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください