なぜだか全体的に豪華になるアイテム~廻縁ってしってる?編~

お部屋の雰囲気を一気に豪華にするアイテムのご紹介です。

なんとなく、でも確実に豪華になります。

新築でも、リフォームでも対応可能!

廻縁(まわりぶち)を飾る。

廻縁ってご存知でしょうか。壁と天井の間にある見切り材です。

最近は、すっきりしたモダンな家が流行っているので、ない家も多いかもしれません。

でもこの廻縁、太くしたり飾りつきにしたりするだけで、かなり豪華になります。

良いことろは、存在感が大きくないのに、「あれ?なんかこの家、豪華なつくりだな~」と感じることができるあたりです。

ゴージャスなテイストのお宅はだいたいこの廻縁が豪華に入っています。

「みはし モールディング」の画像検索結果

上の写真でいうと、クラウンモールディングって書いてある部分です。

エレガントにしたいなら

やはりホワイト。

 

 

 

これは↑実際につけると、かなーーーりゴージャスになります。

飾りがあればあるほど豪華な印象に。

 

かわいいのもあります。

【NMG014】廻り縁

 

 

シックにしたいなら

暗めの色でオーク材などを使用すると雰囲気が出ます。

 

 

 

自分で塗装する

無塗装品なので、お好きな色に塗装してもいいですね!
塗装して乾いてから取り付けてくださいね。

 

施工方法~取り付け方~

新築の場合は最初からつけてもらいましょう。
でも、もう建ててしまっているならば、レッツDIY!

隠し釘と接着剤でつけていきます。

隠し釘とは


こーゆーので、施工方法はこんな感じ↓↓

トンカチで打っていき、最後は頭の部分をトンカチでスカーーンと折り飛ばします。
そうすると、釘頭が見えにくくなるのです。

 

プロはフィニッシュネイラーを使う

こんなんを使ってバシュッ!バシュッ!と売っていきます。
見ていて気持ちいいです。

 

↑これなんだか激安です。なんでだろう。

 

ちょうど廻縁打ってる写真がありました。

バシュッ!

「フィニッシュ 釘」の画像検索結果

機械を使う場合は最初はどこかで練習したほうが良いと思います。
よからぬ方向に腕が動く場合もあるので、取り扱いは注意です!

でも日曜大工なら、一本一本とんかちで打っていっても良いかなと思います!

施工方法の動画発見!

みはしという、モールディングやチュアレールなど装飾品を扱っているメーカーから詳しい動画がでていました~

難しい入隅の加工方法も!

みはしの商品は加工もしやすいし、塗装もしやすいのでオススメです。
 

リフォームの場合

大事なことを書き忘れました。
すでに廻縁が頑丈についていて、取れない・・・
壁紙も貼りかえる予定なし・・・の場合は、
こんな廻縁を選んでください。

【NMG014】廻り縁

 

既存の廻縁の上からカバー工法でつけれますよ。

下地がない場合もあるので接着剤多め+隠し釘で施工してね!

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください